• カテゴリー別アーカイブ 投資用マンション
  • 快適なマンションライフにするためには

    社会人になり家を出ようと思ったことと、会社から近いところで住んだ方が効率良く仕事ができると思いマンションを探すことにしました。
    実家から通えない距離ではなかったのですが、家から会社まで片道一時間半かかりましたが引っ越してからは片道20分とかなり近くなり、生活にも時間に余裕が出来るようになりました。
    その点ではマンションを探して自立してよかったと思います。

     

    マンションを探す際に一番に気をつけたところは住みやすさです。住みやすさとは何なのかとなってきますが、私が思う住みやすさとは自分にストレスなくリラックスできる環境だと思います。

     

    例えば、家からスーパーが近かったり、駅が近かったりなど立地のよさはかなり重要になるのではないかと思います。
    また周りの騒音にも気をつけました。駅近は駅が近いのでいいと思いますが、列車の音など気になる方はいらっしゃると思います。
    私は、大通りが近くにないか、線路や空港などが周りにないかを確認してから住むようにしました。

     

    私は騒音や立地の良さは目で見て分かりますが、マンションの場合、マンションでの行事などあるところはあるので、そのような点をしっかりリサーチしてから決めた方がいいと思います。


  • マンションを買う前にしっておきたいこと

    マンションの購入。それは人生に一度あるかないかの一大決心です。私がマンションを購入する際に重要視したことがいくつかあります。まず一つ目は方角。北向きのマンションは南向きよりも価格が大幅に安く、とても魅力的に思えました。しかし、よくよく考えた結果、北向きは、日当たりが悪いため、部屋の中が薄暗い、冬は寒い、湿度が多くなるという問題があることに気づきました。

     

    そのため、リビングやテラスのある方角が北向き以外であることをを重視。南向きのマンションはぽかぽか暖かいお日様の光を一日中受けられるだけではなく、冬の暖房費の節約にもなります。

     

    続いて重要なことは、マンションの場所。階が選べるときはなるべく1階を避けることです。
    私は過去マンションの1階に住んでいてあまりよい思い出がありませんでした。私の住んでいたマンションの目の前にはバ-があり、毎日、夜遅くまで騒音に悩まされていました。また、バ-の影響か、ゴキブリの被害にも悩まされました。

     

    そのため、マンション購入の際は、周りに居酒屋、レストラン、カラオケなどがある物件には要注意です。また1階は泥棒にも入られやすいという点もマイナスポイントなのでなるべく2階以上の物件を選ぶことをお勧めします。

     

    最後に、気をつけたことは、立地の場所です。安い物件の多くが立地の場所が悪い、交通アクセスが悪い、治安がわるいという落とし穴があることがほとんどです。どんなに魅力的なマンションでも交通アクセスが悪く、どこにいくのにも車にのらなければいけないというのは不便ですし、ガソリン代もかかります。

     

    また、治安が悪い場所の物件にも要注意です。自分が毎日暮らす場所なので、安心して毎日くらせる地域を選びましょう。